メリットが多い!外貨宅配サービスの利用方法

財布

国内よりも海外の業者

マネー

国内と海外の違い

FXを行う際には海外FX業者の方が魅力がメリットが多くあります。海外FXの最大のメリットとしては、レバレッジの規制がないことです。日本では個人では25倍、法人でも100倍に設定されていますが、海外FXでは個人でも200倍程度のレバレッジが利用できますし、最大では888倍まで利用できる業者もあります。また海外FXでは追証がないサービスもあります。一般的に国内FX業者では、預入証拠金に対して評価額を割った数字である証拠金維持率が100%を切ると追証が求められます。さらに50%を切ると強制決済されてしまいます。このため国内FXでは残高がマイナスになるということはありませんが、反対に証拠金に余裕がなければロスカットによって損失が強制的に確定しますが、海外FXでは、証拠金維持率が100%を切っても、50%を切っても追証が発生しません。また強制的な決済は証拠金維持率がマイナス、つまり、預入証拠金を上回る損失が出た際に行われますが、この際に発生した残高のマイナス分は業者が負担するので、借金を背負うということがありません。また海外FXは国内FXよりも透明性があります。理由としては国内FXではDD方式と呼ばれる取引方法を採用していますが、この際には大半はディーリングデスクで売買を行うもので、実際の市場であるプライス供給元での売買は最小限となっています。このためレートが不透明になりがちですが、海外FXではプライス供給元で直接取り引きを行うNDD方式ですので透明性のあるレートで売買が可能です。また日本人向けにサービスを行っている海外FX業者であれば国内業者と変わらず、簡単に口座開設および取引を行うことができます。